社内専用のアプリ開発?アプリを利用してできること

システム

社内専用のアプリも開発可能

独自のアプリの開発を発注する最大のメリットは、自分たちの最も使いやすいアプリを開発してもらえることです。社内で使用するアプリであれば、その会社の業務フローにあわせたアプリを開発することで、業務の効率化も図れるでしょう。特に、自社の在庫情報等は外出先からも確認したいものです。会社のサーバーと連携できるアプリを開発すれば、外出先からの在庫確認や発注なども行えて、業務をスピーディーに進めることが可能となります。また、勤務管理ソフトとの連携を図ると、各人のスマートフォンが社員証のようになり、勤務管理も行いやすく外出先からの出勤登録も行えるようになります。

SNSで話題になるようなアイデアを考えよう

SNSは、世間の人たちが現在何に興味を示しているかを知るのに良い指標となります。そのため、SNSにて話題になるような画期的なアイディアを考えることが大切です。現在のスマートフォンにはカメラを始めとしてGPSや高性能CPU、通信機能などが搭載されています。これらの機能をフルに活用して組み合わせることで、斬新なアイディアが生まれることがあります。もし、SNSにて話題になったとすれば、そのアプリの評判もあがり多くの人が使ってもらえるアプリとなります。アプリの普及率が高まれば利益も向上するはずです。

アプリ開発は自社開発と業者依頼のどっちがベスト?

コスト優先でプログラマーがいるのであれば自社開発

iphoneアプリを開発する環境は、パソコンさえ持っていれば無料でダウンロードが可能です。もしプログラマーがいるのであれば、自社開発すれば実質コストゼロでアプリ開発が可能になりますので、コスト優先でプログラマーが確保できるようであれば自社開発がおすすめです。

プログラマーがいない場合は業者委託

プログラマーがいない場合は、新規でプログラマーを雇わなければなりません。その工数は、アプリ開発を業者委託するよりも高い人件費となるため、プログラマーがいない時は業者委託がおすすめです。

iphoneの人気アプリジャンル・ベスト3

no.1

最も人気のカテゴリーは「ゲーム」

iphoneアプリの中で最も人気となっているカテゴリーは「ゲーム」です。ゲームはSNSなどで話題になることも多く、話題になるとダウンロード率も高まりますので、広告を貼っておけば大きな宣伝効果が得られます。

no.2

2番目に人気なのは「生活・暮らしの便利アプリ」

2番目に人気なのは、たとえば料理のレシピ紹介アプリであったり、天気予報やニュースなどをまとめて閲覧できるアプリなど、生活を便利にしてくれるアプリです。この中には地図アプリなども含まれます。

no.3

3番目に人気なのは「ビジネス系」

3番目に人気のカテゴリーとなっているのは「ビジネス系」です。その中でも、人気が高いのが翻訳アプリ。その他にも、表計算ソフトや名刺情報自動取り込みアプリなどが人気となっています。また、ホワイトボードを撮影するだけでデジタル文書化してくれるアプリなどもあります。

[PR]アプリ開発を専門業者に依頼
最良の製品を提供してくれる

[PR]iphoneアプリ開発業者をすぐに検索
専門の仲介サイトを利用しよう

人気の出やすいジャンルを狙うのも手

iphoneのアプリ開発を行うのには、最初に仕様の打ち合わせを行い、その後見積もりをもらい業者を選定していきます。契約する時にはアフタサポートや納期についても確認する必要があります。

一緒に読みたいコンテンツ

アプリ

iphoneのアプリ開発をしている業者を選ぶポイント

iphoneのアプリの開発を行なっている業者はいくつかいますが、その中でも個人用のアプリ開発を行なってくれる業者が人気です。利用するのであればそちらを利用するようにしましょう。

READ MORE